So-net無料ブログ作成

サガントスJ1昇格承認 [サガントス]

さて、先ほどニュースでやっておりました。12/12本日行われたJリーグの理事会で、サガントスのJ1昇格が正式に承認されました。

オフィシャルのトップページには、井川会長と竹原会長の挨拶がアップされています。

(株)サガン・ドリームス代表取締役会長・井川幸広よりサガントスを愛する全ての皆様へのご挨拶
http://www.sagantosu.jp/news_release/2011/12/006852.html
井川会長は、さすがトップらしく基本に立ち返り、再生サガントスのビジョンが高らかに掲げられていて、もう一度原点に立ち返らせてくれます。「True champions in the hearts of all who love Sagantosu.」エンブレムにも刻まれているこのメッセージ。とてもいい言葉です。


(株)サガン・ドリームス代表取締役社長・竹原稔よりサガントスを愛する全ての皆様へのご挨拶
http://www.sagantosu.jp/news_release/2011/12/006853.html
そして現場の長、竹原社長のお言葉。昇格の喜びとともに、一方で現場の苦労が透けて見えますw一番最後にある「・・・J1リーグ史上最低の売り上げ状態からのスタートとなり課題も山積しておりますが・・・」の部分もまさに前振りのようです。


別の記事ではこんな事も書かれています。
松本山雅、町田の入会承認=来季J2は22チームで―Jリーグ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111212-00000066-jij-spo
この記事の最後の部分。
町田は2008年にクラブが株式会社になって以降一度も黒字決算がないことから、12年度決算の黒字化に向けてリーグが指導することになった。鳥栖と札幌に対しても、経営面の指導を行う。 



Jリーグからの指導は、推測するに債務超過の部分で、債務超過の解消に向けて計画しないさいという事と思われます。具体的に指導されるのは、至極単純な事です。売上を伸ばし、必要経費を圧縮し、利益を出しなさいという事です。債務の解消は、資本増強しない限り、利益からしか生まれません。


この事実は大事な事なので、サポーターにはオープンにして頂きたいものです。こういった事実から、サポーターがクラブを支える為に出来ることは、至極単純。年間パス購入などでクラブを買い支え、サービスを欲しがり過ぎない事です。運営には不満は多くあるかと思います。トイレとか運営上の不手際とか。それもある程度許容する態度も必要になるかと思います。もちろん、改善要望を上げることは必要です。

そしてもうひとつが、補強要求。これが大きい。クラブの中で、一番大きいコストは人件費です。そして、jリーグは絶対にここを抑えるように指導しているはず。なんかよく知らない名前の選手が揃ったとしても、いたずらに不安にならずクラブを信じていくしかありません。たぶんチームが一番我慢を強いられるはずですし。


井川会長のビジョンに照らして、竹原社長はすごい手形を切りました(井川会長の挨拶の最後にあります)。
「次は日本一。そしてアジア一。何年かかるかわかりませんが、必ずやります」
これを目指すには、まず、J1に残り続ける事です。新しい挑戦の始まりです。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます